Translate

2012年7月9日 星期一

VITALUX 生物揚色系列:全色譜LED燈管(不只是寶藍光)

シアンと言えば、カロテノイド系色素がもっとも利用している波長であり、ミドリイシも活発に利用しています。また、褐虫藻の主色素であるクロロフィルは、青色赤色に要求の大きなピークがあり、白色LEDではこのうち赤色の要求に対して完全には応えられません。

そもそも太陽光は、陸上に於いても海中に於いても、そのもっとも大きなピークはシアンです。
しかし白色LEDは、逆にこのシアンがもっとも低い値を示しているのです。

また、もうひとつ忘れてはならない重要な要素が紫外線A(or近紫外線)です。紫外線は多くのサンゴが有する蛍光色素を効率よく励起するためのトリガです。紫外線があるからこそ青蛍光が得られ、青光があるからこそシアン蛍光が得られ、そしてそれが緑蛍光橙蛍光へと連鎖していきます。決して単純な回路では表せません。

例えば、蛍光グリーンのサンゴに対して、青光だけの照射と、nearUV 青光(Violet Blue)の照射を比較すると、あきらかに後者の方に、より濃くて鮮やかな蛍光グリーンの色揚がりが見られます。これは、青光に対する蛍光グリーンの単純な発光以外に、UVAで直接励起される蛍光グリーンの存在や、 UVAで励起されたブルー蛍光・シアン蛍光等が複雑に連鎖し合い、結果的に蛍光グリーンの発光に寄与するためだと考えられます。どうしても蛍光グリーンが薄くなる場合や黄色くなってしまう場合などは、こうした蛍光色の連鎖を疑ってみると良いでしょう。

とは言え、これまでの自作では、シアンを増やそうにも赤を増やそうにも、大体の勘や目分量的な配合でしか試しようがなく、しかも最終的には目視により無難な光色に落ち着かせるため、結局スペクトルはスルーされる始末。

別の成長およびVisual条件を達成するために異なる色のスペクトラムを使用時


(Using Different Color Spectrum to reach the  different Growth and Visual Condition)
Remark: DeepRed(650-660nm), Amber(585-595nm), TrueGreen(520-530nm)

Remark: UVA(380-390nm), VioletBlue(410-420nm), White(5600-6300K)

1 則留言:

  1. 我々は台湾から水族館LED什器のOEM製造されます。 OEMの需要は、sales@vitaled.com.twにご連絡ください

    回覆刪除